Cell complex and de Rham cohomology over riemann manifold

あけましておめでとうございまっする!!

なかなか忙しくしてました。更新せず、反省もしません。

今学習している圏論は、(一般には代数構造を持った)集合間の操作の可換性であるとか、構造そのものの性質を、射の性質と有向グラフで記述する表現論(すいません、この時あまり表現論に正しい認識がなかったもので、敢えて言えば代数)に分類される分野で、かなり面白いのです。

例えばモノイドMが二つの射 \mu: 1\rightarrow M\eta: M\times M\rightarrow Mに付随して定まる以下の図式を可換にするものとして定義されるのは興味深いものがあって

Rendered by QuickLaTeX.com

が結合律と代数的閉性((xy)z=x(yz)\in M)を記述し、

Rendered by QuickLaTeX.com

が左(右)恒等元の存在px=xp=x\in M (\exists p\in M)を記述しています。

個人的には、かなり真新しい観点です。まさに突風。嵐のように吹き荒れてます。いよいよホモロジーぃぃって感じがしてきました。

今回の内容に特に面白い発見というのはないのですが、命題によっては少し変わった証明を試みてます。特異複体・胞体分割の計算がようやく、本当にようやくですが馴染んできました.

————————————————–

命題: 連続写像f:X\rightarrow S^nが全射で無いなら, fは定値写像にホモトープである

証明: 仮定からS^n-f(X)=Y\neq \emptysetとなるYがあるので, いまこれをコンパクトと仮定しましょう. するとYは有界閉集合であってS^n-Y\cong R^nは可縮ですから, 定値写像q=i\circ r:R^n\rightarrow qとホモトープな恒等射id=id_{R^n}があります. f(X)\subset S^n-Yなのでこれらをfで引き戻したf^*id=\xi:X\rightarrow R^nf^*q=\rho:X\rightarrow qについて, G_t = t\xi+(1-t)\rhoは目的のホモトピーを与えます. Yがコンパクトでなくとも, Yに含まれるコンパクト集合Y'S^n-Y'\cong R^nとなるものが存在するので, 上と同様の議論が通用します■

命題: |x|^p\quad (0<p<1)R上一様連続である.
証明: x, y少なくともいずれかが0であれば0<\delta=\epsilon^{1/p}とおいて|x|^p<\epsilonが示される. 今|x|,|y|>1|x-y|<\delta\leq 1を仮定する.
このときy-1\leq y-\delta < x < y+\delta \leq y+1に注意すると,

    \[\begin{array}{lcl} G(x,y) &=& ||x|^p-|y|^p| \\ &\leq& |(|y|\pm \delta)^p-|y|^p| \\ &\leq& \sum_{k=1}^\infty [p, k] |y^{p-k}\delta^k| \end{array}\]

[p, k]は実数に拡張した二項係数[p, k]=\frac{p(p-1)\cdots (p-k+1)}{k!}を表す.
※2行目の符号はyの符号に応じる.

a_k=[p, k]|y|^{p-k}とおけば, 0<\delta^k\leq 1は正の広義単調減少列で, しかも|a_{k+1}/a_k|=|p-k|/|y(k+1)|=|p/k-1|/|y(1+1/k)|\longrightarrow 1/|y|<1であるから\sum a_kは収束するので, アーベルの判定条件を満たす. 1<C\leq |y|なる実数Cをとって

    \[G(x,y)\leq C\delta \quad \cdots \quad (i)\]

となるので, 与えられた\epsilon>0に対して\delta=min\{\epsilon/C,1\}とおけば, 仮定の元一様連続条件G<\epsilonを満たす.

0<|y|\leq 1の場合, \sum a_kの収束性は保証されないので, 有界性を示す. この条件において, 1/(n+1)\leq |y| \leq 1/n \quad (n\geq 1)なる自然数が取れるので, 固定しておく.

\sum a_k \leq \sum [p, k] n^{k-p} = (1+1/n)^p \leq 2^pであるから有界. そこで\delta<1と取れば\delta^kは0に収束するからディリクレの判定条件を満たし, (i)を満たす. 今0<|y|\leq 1を仮定したが, これで実数上一様連続であることが示された■

compact housdorffな位相空間Xのn次元有限H-胞分割\mathcal{K}に対し,

    \[\begin{array}{l} C_m(\mathcal{K})=H_m(X^{(m)},X^{(m-1)}) \quad (m\in Z) \\ C_m(\mathcal{K})=\{0\} \quad (m\leq -1, m\geq n+1) \end{array}\]

とする. 3対(X^{(m)},X^{(m-1)},X^{(m-2)})の homology exact sequence

Rendered by QuickLaTeX.com

における境界準同型\delta_m : C_m(\mathcal{K})\rightarrow C_{m-1}(\mathcal{K})は, 別の3対(X^{(m+1)},X^{(m)},X^{(m-2)})との結合によって, H-胞分割\mathcal{K}の定める鎖複体(C_m(\mathcal{K}),\delta_m)_{m\in Z}が定義される.

一般に, XがH胞分割を持つような位相空間であれば, そのk次ホモロジー群はH_k(C(\mathcal{K}))を計算して求まる.

確認のため, クラインの壷を等化複体における単体的同一視を使ったホモロジー群の求め方と, 胞体分割によるやりかたを比較してみた.

クラインの壷は, 等化図aa\bar{b}\bar{b}を持つ. 単体分割Kで切り開きやすくするために基本変形を施してa\bar{b}\bar{a}\bar{b}と取っておく. つまり次のような感じ.

hom2

各単体について関係ab\equiv dc, cb\equiv ad, a\equiv d, b\equiv c, a\equiv c, b\equiv dを与えると,

    \[\begin{array}{l} C_0(K/\equiv)=Z<a>, \\ C_1(K/\equiv)=Z<ab>+Z(cb)+Z<ac>, \\ C_2(K/\equiv)=Z<abc>+Z(acd) \end{array}\]

    \[\begin{array}{l} \partial(abc)=Z<bc>+Z<ca>+Z<ab> \\ \partial(acd)=Z<cd>+Z<da>+Z<ac>=Z<bc>-Z<ca>-Z<ab> \end{array}\]

がそれぞれ得られる. そこでabc, acdに対する係数をk, lとすると,
\partial C_2=(k+l)bc+(k-l)(ca+ab)\neq 0であって, H_2(K/\equiv)=Z_2(K/\equiv)=0.

\partial(C_1)=<b-a,b-c,c-a>=0.

から, C_1=Z_1が分かるので, bc=\beta, ca+ab=\gammaと置けばB_1=<\beta+\gamma,\beta-\gamma>と書け,

H_1(K/\equiv)=Z_1/B_1=[\alpha,\beta,\gamma:\beta+\gamma=\beta-\gamma=0]\cong Z\oplus Z_2 (ここで\alpha,\beta,\gammaは一次元鎖複体の基を表すが, 具体的にどの辺に対応しているか, この段階では問題ではない).

H_0=C_0/\partial(C_1)=[a,b:b-a=0]=Zは明らか.

以上からクラインの壷のホモロジー群は(H_0,H_1,H_2)=(Z,Z\oplus Z_2,0)である.

上の等化図を元に胞体分割を考えよう.
等化射q:D^2\rightarrow Mの, 同値類に属す各単体への制限を特性写像として構成する. 即ち

[0胞体]
q|_a:(a,\emptyset)\rightarrow (e_0,\emptyset)

[1胞体]
q|_{ab}:(D^1\cong ab, \{a\}\cup\{b\}\cong S^0)\rightarrow (\bar{e_1}, e_0)
q|_{ad}:(D^1\cong ad, \{a\}\cup\{d\}\cong S^0)\rightarrow (\bar{e_2}, e_0)

[2胞体]
q:(D^2, S^1)\rightarrow (M, q(S^1))

ととる. 各単体に対する同値関係が, その単体から導き出される各胞体に移るので, 特性写像で見ると1胞体で書いたS^0は二つの異なる点であるのに, 一点e_0で等化している二つの1胞体になる. 実際には\partial e_1=\partial e_2=e_0ということに注意.

そのとき胞体分割\mathcal{K}によって定まる鎖複体C_k(\mathcal{K}(M))

    \[\begin{array}{l} C_2(\mathcal{K}(M))=Z<[M]> \\ C_1(\mathcal{K}(M))=Z<[e_1]>\oplus Z<[e_2]> \\ C_0(\mathcal{K}(M))=Z<[e_0]> \end{array}\]

となる. 元となった等化図の四角形(\cong D^2)は, 等化図としてaabbと書き表されたが, これは反時計回りを正としたD^2の定める自然な向きA=[A]を決めた上での表現だから, この結合を加法的に書き表したもの, 即ちa+a+b+bが, 単体的同一視も含めたMの境界の基を記述している.

a=e_1, b=e_2と書いて, \partial[M]=2(Z<[e_1]>+Z<[e_2]>)だから, H_2(M)\cong H_2(\mathcal{K}(M))=Z_2(\mathcal{K}(M))=0.

1次元境界は一点e_0で等化されるので, \partial([e_1])=\partial([e_2])=[e_0]-[e_0]=0. 即ちZ_1(\mathcal{K}(M))=C_1(\mathcal{K}(M)).

この結果から

    \[H_1(M)=Z<[e_1]>\oplus Z<[e_2]>/2(Z<[e_1]>+Z<[e_2]>)\cong Z\oplus Z_2\]

H_0(M)=C_0(M)=Z<[e_0]>は明らか. 以上で上記と同様の結果になりました■

———————————————-

記憶の整理のため, 外微分の導出をし, クラインの壷のde Rham cohomology groupを求めておきます.

命題: 交代k, l, m次形式から\omega\in\bigwedge^k V^*, \eta\in\bigwedge^l V^*, \zeta\in\bigwedge^m V^*をとっておく.

(反変換法則) \omega\wedge\eta=(-1)^{kl}\eta\wedge\omega
(結合法則) (\omega\wedge \eta)\wedge\zeta=\omega\wedge (\eta\wedge\zeta)

が成立する.

証明: 外積の定義から, \{X_i\}_{i\leq k+l}\in Vに対し,

    \[\begin{array}{lcl} && \omega\wedge\eta(X_1,\ldots,X_{k+l}) \\ &=& \frac{1}{k!l!}\sum_{\sigma\in S_{k+l}} \epsilon(\sigma) \omega(X_{\sigma(1)}\ldots,X_{\sigma(k)})\eta(X_{\sigma(k+1)},\ldots,X_{\sigma(k+l)}) \\ &=& \frac{1}{k!l!}\sum_{\sigma\in S_{k+l}} \epsilon(\sigma) \eta(X_{\sigma(k+1)},\ldots,X_{\sigma(k+l)})\omega(X_{\sigma(1)}\ldots,X_{\sigma(k)}) \end{array}\]

が成り立つ.

置換\tau=\begin{pmatrix} \sigma(k+1) & \sigma(k+2) & \cdots & \sigma(k+l) & \sigma(1) & \cdots & \sigma(k) \\ \sigma(1) & \sigma(2) & \cdots & \sigma(l) & \sigma(l+1) & \cdots & \sigma(k+l) \end{pmatrix}を固定すると, \iota=\tau\sigma (\sigma\in S_{k+l})S_{k+l}の全ての元を漏れなく動くので, 上式における\sigmaの代わりにとってやると, 最後の式は

    \[\begin{array}{lcl} && \frac{1}{k!l!}\sum_{\iota\in S_{k+l}} \epsilon(\iota) \eta(X_{\iota(1)},\ldots,X_{\iota(l)})\omega(X_{\iota(l+1)}\ldots,X_{\iota(k+l)}) \\ &=& \epsilon(\tau) \eta\wedge \omega(X_1,\ldots,X_{k+l})\]

と書ける(\epsilon(\iota)=\epsilon(\tau)\epsilon(\sigma)による).
あとは符号\epsilon(\tau)=(-1)^{kl}を示せば良い

この置換が全単射であることに注意すれば, 正則線型変換, すなわち(k+l)型正則行列として次のように書ける(右下の添え字は, 第何行であるかを示す)

    \[\tau = \begin{pmatrix}  & & & & 1_1 & & & & \\  & & & &  & 1_2 & & & \\  & & & &  & & \ddots & & \\  & & & &  & & & 1_l \\  1_{l+1} & & & &  & & & \\  & 1_{l+2} & & &  & & & \\  & & \ddots & &  & & & \\  & & & 1_{l+k} &  & & & \\ \end{pmatrix}\]

先ほどの符号は, 行列式としての\tauの, 左下のk個の要素を各行が上にl行飛び越える置換の積であるから, \epsilon(\tau)=(-1)^{kl}を得る■

・・・de Rhamコホモロジーは次回。時間が足りません;

———————————————-

2次複素射影空間CP_2を商射\pi:C^3-\{0\}\rightarrow CP_2; \pi(z_1,z_2,z_3)=(z_1:z_2:z_3)で定義し, 5次球面S^5=\{(z_1,z_2,z_3)||z_1|^2+|z_2|^2+|z_3|^2=1\}への制限\pi|_{S^5}=hを考える. 任意の点[p]\in CP_m\piで引き戻した空間は, Cpで生成される空間C  \subset C^3-\{0\}と考えられるので, ある\lambda\in C|\lambda p|=1を満たすようなものがとれる. このとき\lambda p\in S^5と思えるので, h:S^5\rightarrow CP_2は上への写像である.

・・・これももう少し詰めた内容があって, 私なりの計算の簡略などを思いついたのですが, 書く時間あらず. 次回のお楽しみ!

———————————————

単なる備忘:

等化複体における単体的同一視の要請

\text{(i) }(A,A)\in R \Longrightarrow \iota_{AA}=1_A 同一点は元々同一視
\text{(ii) }(A,B)\in R \wedge (B,A) \notin R \Longrightarrow \iota_{AB}=(\iota_{BA})^{-1} どちらか一方向により同一視されれば代数操作(逆像をとる)で両方から同一視
\begin{multiline}\text{(iii) }A=A_1RA_2R\cdots RA_rA=B \wedge (A,B)\notin R \\ \Longrightarrow \iota_{BA}=\iota_{A_rA_{r-1}}\circ \cdots \circ \iota_{A_2A_1}\end{multiline}
\text{(iv) }(A,B)\in R, A'<A \wedge (A',\iota_{BA}(A')=B')\notin R \Longrightarrow \iota_{B'A'}=\iota_{BA}|_{A'} (A,B)が同一視されればAの全ての辺単体とそのアフィン同型像も各々同一視

——————————————

解析演習の問題. 易しいが面白い.

Proposition: \zeta(s)=\sum_{n=1}^\infty n^{-s}\Re{s}>1上正則で, \zeta^{(k)}(s)=(-1)^k\sum_{n=1}^\infty(\log{n})^kn^{-s}

Proof: D=\{z\in\mathbb{C}|\Re{z}>1 \}\ni s=a+biとおくと, 有限和\mu_m(s)=\sum_{n=1}^m n^{-s}D上極を持たない有理関数であって正則. \mathbb{R}\ni a>1のとき実正数値関数g(x)=x^{-a}は単調減少関数でn<x<n+1 \quad (n\in \mathbb{N})なるxに対しg(n)>g(x)>g(n+1)を区間[n.n+1]xについて積分し,

    \[g(n)>\int_n^{n+1}g(x)dx>g(n+1)\]

この有限和から

    \[\sum_{n=1}^ng(n)>\int_1^{n+1}g(x)dx=\frac{n^{-\epsilon}}{1-a}|^{n+1}_1\quad (\epsilon\in(1,\infty))>\sum_{n=1}^ng(n+1)\]

であって, 中辺の極限において\frac{1}{a-1}に収束するから, 右辺の無限和も上に有界. 従って正項級数としての和の極限は収束する(euler-maclaurin). 今

    \[|\zeta(s)|\leq \sum|n^{-a-bi}|=\sum|n^{-a}|<\infty \quad (a>1)\]

が成立しており, 上の収束判定の議論をD上にa=\Re{z}>1の条件で適用できる. このときDに含まれるコンパクト集合K\zetaが一様収束するので(\|\zeta-\mu_m\|_{K\subset D}\rightarrow 0 \quad (m\rightarrow \infty)), \zeta(s)D上正則である(Weierstras). 正則関数の正則域Dに含まれる小円板での整級数展開が一様収束することから, 項別可積分で和と微分が交換できる. すなわち題意が成り立つ■

Proposition: f(z)=\frac{z}{1-z^2}+\frac{z^2}{1-z^4}+\frac{z^4}{1-z^8}+\cdotsは, D=\{z| |z|<1\}, E=\{z| |z|>1\}でそれぞれ正則で, f(z)=\frac{z}{1-z}\quad (z\in D),\quad f(z)=\frac{1}{1-z}\quad (z\in E)となる.

Proof: まず\frac{1}{1-h_n(z)}=\sum_{k=0}^\infty h_n(z)^k \quad (|h_n(z)|<1)は一様収束し, 従って正則であることは証明なしに使う. 式変形から,

    \[\begin{array}{lcl} f(z) &=& \sum_{k=0}\frac{z^{2^k}}{1-z^{2^{k+1}}} \\ &=& \sum_{k=0}z^{2^k}\sum_{l=0}z^{l2^{k+1}} \\ &=& \sum_{k,l}z^{2^k(2l+1)} \end{array}\]

D上正則. あと証明すべきことは\frac{z}{1-z}に一様収束することである.

次のように考えればスッキリする.
\iota(k,l)=2^k(2l+1)を正整数(0以上の整数)の直積空間から自然数への関数\iota:\mathbb{Z}^+\times\mathbb{Z}^+\rightarrow \mathbb{N}と考えるとき, これが全単射であることを示し, 結果\sum_{k,l}z^{\iota}=z+z^2+\cdots = \frac{z}{1-z}となるので, 可算列での一致の定理から同じ関数であることが示せる.

まず\iotaの定義域を\{0,1\}\times \mathbb{Z}^+に制限したものは明らかに\mathbb{N}の上へ写すので, 単射であることを示すのに自然数の部分集合族\mathcal{J}_{n\in \mathbb{N}}=\{2^n/2^{n+1}\mathbb{Z}^+ \}を定義する.
このとき, \mathcal{J}_1\cap \mathcal{J}_{n\geq 2}=\emptyset.
実際2+4s=2^n+2^{n+1}tなるs,t\in \mathbb{Z}^+は, 1+2s\neq 2^{n-1}(2t+1)\quad (n\geq 2)だから存在しない. そして同様の計算で, \mathcal{J}_k\cap \mathcal{J}_{n\geq 3}=\emptyset\quad (1\leq k\leq n-1)が成立する
(\because 2^{n-1}+2^ns=2^n+2^{n+1}t \Longrightarrow s,t\notin \mathbb{Z}^+).
これで\iotaが単射であることも示され, f(z)=\frac{z}{1-z}\quad (z\in D)が成立する.

一方別の式変形で,

    \[\begin{array}{lcl} f(z) &=& \sum_{k=0}\frac{z^{2^k}}{1-z^{2^{k+1}}} \\ &=& \sum_{k=0} \frac{1}{\frac{1}{z^{2^k}} - z^{2^k}} \\ &=& -\sum_{k=0} \frac{1}{z^{2^k}} \frac{1}{1-z^{-2^{k+1}}} \\ &=& -\sum_{k=0} \frac{1}{z^{2^k}} \sum_{l=0} z^{-2^{k+1}l} \\ &=& -\sum_{k,l} z^{-\iota} \end{array}\]

E上一様収束し正則だが, \iotaの全単射性より直ちにf(z)=\frac{1}{1-z}\quad (z\in E)を得る■

これ, 書いてるだけで時間が経つものですね.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です